マヌカハニーについて調べていくと、アクティブマヌカハニーという言葉が出てきます。その意味とは?マヌカハニーの効果を示す指標の一つですので、購入時には参考にすると良いと思います。

アクティブマヌカハニーとは?

アクティブマヌカハニーとは一言で言えば、医療用の水準をクリアーしたマヌカハニーのことです。マヌカハニーには様々な健康促進効果や美容効果などが期待できますが、これは全てのマヌカハニーに効果があるのではなく、一部のマヌカハニーだけにそういった高い効果があるんです。

その指標がアクティブマヌカハニーというわけです。マヌカハニーには、UMFやMGOなどのブランドマーク(成分指標)がありますが、その効果の目安を少し説明すると…

UMF5+ = MGO30+(栄養補給におすすめのレベル)
UMF10+ = MGO100+(日々の健康維持におすすめのレベル)
UMF16+ = MGO250+(十分な抗菌活性があるレベル)
UMF20+ = MGO400+(消化作用に役立つ抗菌活性レベル)
UMF25+ = MGO550+(高い抗菌活性があるレベル)

この中でも、UMF10+(MGO100+)以上のものを「アクティブマヌカハニー」とニュージーランドでは呼んでいます。つまりは医療水準を満たしているので、より高い効果が期待できるというわけです。

もしあなたがマヌカハニーを買う時にUMFやMGOという成分指標のないもの(16+や5+などの数字表示だけのもの)を選んでしまうと、全く効果がないなんてこともありえるわけです。そうやって消費者を騙すようなパッケージがあるので、購入時には少し注意が必要なんです。

このサイトに何度か来ている人はそんなに簡単な手にかからないと思いますが、あえてこうやって書くことの意味を理解して貰いたいと思います。いずれにしても、マヌカハニーは安くないハチミツですので、失敗のない商品を選ばれることをお勧めいたします。

医療用のアクティブマヌカハニーは生産量のごく一部!

アクティブマヌカハニーは、医療用の効果を認められたマヌカハニーだという話をしましたが、それは全生産量の2割ほどしかないのです。つまり残りの8割は普通のテーブルハニーなんです。

もちろんその8割のマヌカハニーにも独特の殺菌成分であるメチルグリオキサールは含まれていますが、その含有量が少なすぎるためにアクティブマヌカハニーになることがなく、ニュージーランド国内で安価で消費されています。

ニュージーランドは世界で最もハチミツを消費する国家ですし、元々マヌカハニーも濃くないのみで消費していたので、病院で処方された場合以外でもマヌカハニーを食べる習慣があるんです。

更に高い効果が期待できるUMF20+以上のマヌカハニーは全生産量の中の1割ほどしか取れないことと、近年その採取量が徐々に減少し始めていますので、この先もその値段が下がることはないと考えられています。

もしあなたが何かの疾患や体質改善、健康維持や美容などで効果の高いマヌカハニーを使ってみたいと考えている際には、購入を先延ばしするのではなく、出来るだけ早い時期に購入されるのが一番オトクだと思いますよ!

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。