マヌカハニーには発がん性があると一部の人が考えているようですし、そのあたりのことについて東北大学の教授の公式見解なども既に発表されています。しかしアンチマヌカハニー派の人は、そこに触れずにマヌカハニーは発がん性があるとだけいいます。さて実際はどうなんでしょうか?

マヌカハニーに発がん性があるという噂の根源

なぜ、マヌカハニーに発がん性があるという話が出たのかと言えば、マヌカハニーの殺菌作用の正体であるメチルグリオキサールについて、東北大学の小川晋准教授らのグループによって発表された「糖尿病合併症の進展予測物質を同定」という研究の際に発表された【血中メチルグリオキサールは5年後の糖尿病性血管障害進展を予測する】という論文から始まっています。

これは研究の過程で糖尿病性血管障害を起こす患者さんの血中メチルグリオキサール濃度が高いことが発見されたというだけの話で、それ以外のどのような作用に関する因果関係などは一切解明されていないという研究課程の報告だったのです。

ただ研究過程の話で結論ではないとしても、マヌカハニーをよく思わない人からすれば、東北大学の教授がそういった発表をしたことを逆手に取ってアンチマヌカハニー運動を行うには十分な材料だったというわけです。

ただこういったことが問題化されたことで、東北大学の小川晋准教授ご本人がメチルグリオキサールが糖尿病患者の一部になぜ蓄積されるのか、そのメカニズムも解明されておらず、糖尿病性血管障害の原因とも断定できないという見解とともに、マヌカハニーを採取した研究でも血管障害の原因となったデータもない。との公式見解を発表されています。

このことで、マヌカハニーの発がん性をすべて否定できるわけではありませんが、東北大学の小川教授の発言を元にするマヌカハニーの発がん性については、これが十分な回答ではないでしょうか?元々の発端になったご本人の口から否定されているということが全てだと思います。

ただ長時間加熱してマヌカハニーを焦がした場合には、魚やお肉の焦げた部分と同様に発ガン性を否定できるわけではありませんので、そこは注意してください。そもそも焦げたマヌカハニーを食べる機会を考える方が難しいのですが、念の為に補足しておきます。

またどれだけ体に良い成分でも過剰摂取はデメリットを発生させることも懸念されますので、1日小さじ3〜4杯を上限としてマヌカハニーの摂取量に気をつけることをオススメします。もしマヌカハニーに発ガン性があるということであれば、ニュージーランドをはじめ世界の医療現場でマヌカハニーを採用する国はありません。

現在、世界の多くの国で抗生物質に変わる新たな殺菌成分として非常に多くのウイルスへの有効性が確認され、実際に治療に使われていますので、そういった面からもマヌカハニーには発ガン性が認められないと考えるのが一般的だと思います。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。