マヌカハニーに発がん性があると、一部ネット上で話題になっているのを知っていますか。

発ガン性騒動のきっかけになった東北大学の小川教授の公式見解などもすでに発表されていますので、実際にマヌカハニーに発ガン性があるのかを徹底検証。

医療効果や美容効果の高いマヌカハニーに、発ガン性があるという評判の実際にところがどうなのかを紹介します。

マヌカハニーに発ガン性があると話題になった原因とは?

医療効果が認められ、ニュージーランドでは医療機関でも処方されいるマヌカハニーですが、ネット上の一部の人の中で、発がん性があると話題になっています。

元々、マヌカハニーの発ガン性のきっかけになったのが、東北大学の小川晋准教授らのグループによって発表された論文。

「糖尿病合併症の進展予測物質を同定」という研究の際に発表された【血中メチルグリオキサールは5年後の糖尿病性血管障害進展を予測する】という部分がきっかけ。

この血中メチルグリオキサールとマヌカハニーの殺菌作用のメチルグリオキサールが同類で、その結果として、発ガン性に繋がるというもの。

そもそもこの論文は、研究の過程で糖尿病性血管障害を起こす患者さんには、血中メチルグリオキサール濃度が高いことが発見されたというだけの話。

それ以外の部分に関する作用や因果関係などは、一切解明されていない状態で行われた研究課程の報告だったんです。

ただ研究過程の話で結論ではなくても、マヌカハニーをよく思わない人からすれば、東北大学の教授が発表をしたことを逆手に取って、アンチマヌカハニー運動を行うには十分な材料だったというわけ。

メチルグリオキサールの発ガン性についての小川教授の公式見解は?

マヌカハニーの発ガン性が日本で話題になったことで、とある養蜂メーカーの方が、小川教授にマヌカハニーのメチルグリオキサールと血中メチルグリオキサールの関係性について確認。

東北大学の小川晋准教授ご本人が、メチルグリオキサールが糖尿病患者の一部になぜ蓄積されるのか、そのメカニズムも解明されておらず、糖尿病性血管障害の原因とも断定できないと発表。

さらにマヌカハニーを採取した研究でも、血管障害の原因となったデータでもないという趣旨の公式見解を発表されています。

わかりやすく言えば、マヌカハニーのメチルグリオキサールに関する発ガン性を記載した論文ではなく、そういった意図もないことをおっしゃっている状態。

このことで、マヌカハニーの発がん性をすべて否定できるわけではありませんが、東北大学の小川教授の発言を元にする、マヌカハニーの発がん性については、十分な回答だと思います。

今回の騒動の発端になったご本人の口から、マヌカハニーのメチルグリオキサールの危険性(発ガン性)について、否定されているということではないでしょうか。

マヌカハニーの発ガン性や危険性を高める食べ方とは?

どんな食品でも食べ方や調理方法を間違えてしまうと、発ガン性や副作用の危険性などが起こらないということではありません。

マヌカハニーを長時間加熱して焦がしてしまった場合には、魚やお肉の焦げた部分と同様に発ガン性
リスクがあることは否定できません。

そもそも焦げたマヌカハニーを食べる機会を考える方が難しいですが、パンに塗って焼くのではなく、焼いたパンにマヌカハニーを塗って食べれば良いということ。

またどれだけ体に良い成分でも、過剰摂取は副作用や危険性のリスクを高めることになりますので、過剰摂取には注意すべき。

マヌカハニーの推奨摂取量は、1日小さじ3〜4杯を上限としていれば、健康被害もなく安全に摂取し続けることができることがわかっている状態。

ですから、このあたりの摂取量をひとつの目安にして過剰摂取にならないように注意しましょう。

もしマヌカハニーに発ガン性があるならば、ニュージーランドをはじめ世界の医療現場でマヌカハニーを採用する国はありません。

現在、世界の多くの国で抗生物質に変わる新たな殺菌成分として非常に多くのウイルスへの有効性が確認され、実際に治療に使われているマヌカハニー。

そういった面から考えても、マヌカハニーには発ガン性が認められないと考えるのが一般的だと思いますし、適度な摂取量であれば効果のほうが高いということ。

本当に安全性の高いマヌカハニーですので、安心して本物のマヌカハニーを食べるようにしてくださいね。

偽物のマヌカハニーもあるので、本物の商品を選ぶことも大切!

実はマヌカハニーが世界的にも人気で、需要と供給のバランスが大きく乱れていることや、実際に医療効果があるものが少ないこと。

さらに蜂蜜のマヌカハニーは、瓶詰めしてしまえばプロでも本物と偽物の違いを見分けるのが難しいこともあり、世界的に偽物のマヌカハニーが販売されています。

これが少し問題で、もしあなたがそういった偽物のマヌカハニーを選んでしまうと、発ガン性のリスクや副作用や危険性のリスクが高まることも。

そうならないように、本物のマヌカハニーを信頼できるショップで購入することが必要です。

スーパーや百貨店で販売されているようなマヌカハニーにも、実際には医療効果のないものも多く、それが通常のマヌカハニー価格で販売されている場合も。

そういった商品を選ばないようにマヌカハニーの厳格な規格である、UMFかMGOのいずれかの商品を選ぶこと、さらに信頼できるメーカーの公式サイトや正規代理店からの購入が基本。

そうすることで、偽物のマヌカハニーを購入するリスクを低下させることができ、本当の意味でマヌカハニーの持つ効果だけを実感できますので、マヌカハニー選びの際には覚えておいてくださいね。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。