幻の蜂蜜と呼ばれ一般的な蜂蜜の20倍もの値段がつくと言われている皇蜜。それは一体どんな花から取れどれだけ希少価値の高いものなのか?名前すら殆ど聞いたことのない皇蜜について簡単にご紹介します。

至高の蜂蜜である皇蜜

古くから歴代の皇帝に献上されたという皇蜜は非常に稀少価値が高く、その味や香り、極上の滑らかさからも蜂蜜の王様と呼ぶにふさわしい逸品です。そのままでももちろんおいしくいただけますし、トースト等につけておいしくいただけるのです。

皇蜜の原料はヤハシ

標高1600~2500mの高い山々、渓谷に囲まれた大自然の中の秘境部分に自生するシソ科の植物で中国西南部の四川、貴州、雲南、広西などの限られた地域にしか自生していないヤハシの花の蜜をミツバチが集めてできた蜂蜜が皇蜜です。ヤハシの花の蜜は天候に左右され安定量が供給しにくいことから、幻の蜂蜜と言われているのです。

ヤハシが自生する環境は、年間の平均気温14~15℃、年間雨量1000~1300ミリ、湿気を好み乾燥に強い植物です。流蜜も独特で早朝に霧が出て昼間の日照が強く、昼夜間の温度差が大きいと流蜜量も多くなるのが大きな特徴です。開花中に雨が多すぎても少なすぎても良くなく、寒さが続くと流蜜が止まってしまうこともあります。

皇蜜の特徴は、採蜜後2~3日で自然に凝固してバターのように硬くなります。四季を通じてそのまま溶けず、数十年間は変質しません。ヤハシの花が咲く期間は約40日、流蜜は25日前後の限られたタイミングだけなのです。

気になるお値段は?

現在インターネット上では、280gで10,800円のもののみが売られており、蜂蜜専門店でも取り扱っている店舗は非常に少ないのです。

皇蜜の味は?

艷やかで滑らか、バターのような口どけがします。口の中で唾液と混ざることで生キャラメルのような濃厚な甘さが口の中に広がります。その濃厚な甘みの中には無駄な雑味がなく、自然のエネルギーを沢山口にした感じになります。

ちなみに一度溶けてしまった皇蜜は再度固まることがありませんので、食べる際に必要な分だけを取り分けるのが良いでしょう。

皇蜜にもマヌカハニーと同じようにピロリ菌への殺菌効果が認められていますので、特別な方へのプレゼントにも良いと思われます。

皇蜜が気になる方はこちらから→皇蜜(ヤハシ蜜)をチェックしてみる

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。