2016年はマイコプラズマ肺炎が大流行の予想が出ています。マイコプラズマ肺炎の予防や症状の改善にマヌカハニーを役立てませんか?マヌカハニーの免疫力を上昇させる効果が、マイコプラズマ肺炎への感染や症状の改善を促進してくれますので、ぜひ活用して下さい。

マイコプラズマ肺炎の症状と特徴とは?

2016年はマイコプラズマ肺炎がここ数年にないほどの猛威を振るっています。過去10年で最も患者数の多かった2011〜2012シーズンと同数かそれ以上、2015年の約2倍の感染患者数が予想されています。

マイコプラズマ肺炎とは歩く肺炎と呼ばれるほど症状が軽く、その潜伏期間の長さと感染力、細菌でもウイルスでもない特徴を持つ独特の生態で、幼児をはじめ多くの人に感染が拡大しています。特に子供から親への感染もあり、大人でも注意が必要なんです。

マイコプラズマ肺炎の主な症状は

  • 喉の痛み
  • 鼻水、鼻づまり
  • 37度〜39度の熱
  • 咳や痰がからむ咳
  • 喘息がある場合には喘息の悪化(ヒューヒューという呼吸音)
  • 呼吸が苦しくなる

という特徴がありますが、重症化しない場合には風邪を引いているのと勘違いをするレベルの症状ですし、マイコプラズマ肺炎の症状を発症しても歩き回れるので、本人も気づかずに感染を拡大してしまうんです。

特にマイコプラズマ肺炎は乳幼児の場合には風邪のような症状が多く、それが学童期になると肺炎になり、大人も同様に肺炎の症状まで進行することが多いので、年齢を重ねるほど実は気をつけなければならない病気なのです。

child-164211_640

マイコプラズマ肺炎の感染経路とは?

マイコプラズマ肺炎の感染経路は主に飛沫感染です。潜伏期間が2〜3週間ほどあることもあり、一度流行すると一気に感染が拡大します。発症する年齢が8〜9才がピークであることもあり、学校などの集団生活を行っていることでどんどん感染してしまいます。

しかし、過去にマイコプラズマ肺炎を発症している人の場合には多少免疫ができてることもあり、あらたにマイコプラズマ肺炎に感染しにくいという特徴があります。

マイコプラズマ肺炎の特効薬はなく、耐性菌問題も発生!

そんなマイコプラズマ肺炎ですが、実は特効薬と呼べるものがありません。マイコプラズマ肺炎の原因菌は、本来細菌が持っているはずの細胞壁がありません。その為、ペニシリン、セフェム系などの抗生物質が細胞壁を壊すことで細菌を死滅させる働きがありますが、それが効かないんです。

しかし現状ではマイコプラズマ肺炎を発症した場合にも多くの医師が抗生剤を使用して治療を試みます。主に使用されるのがマクロライド系抗生剤ですが、このマクロライド系抗生剤が効かないマイコプラズマ肺炎はここ数年増えています。

2005年に15%→2006年には30%と大幅に増加し、なんと2011年には、90%もマクロライド系抗生剤に対する耐性化が進んでいるんです。テトラサイクリン系抗生剤やニューキノロン系抗生剤なども処方されていますが、副作用などもあり頻繁には使用しにくい特徴があります。

家庭でできるマイコプラズマ肺炎の予防法とは?

マイコプラズマ肺炎は感染力が強く、耐性マイコプラズマ肺炎菌が増えていることもあり、やはり感染を予防するというのが最も大事なことになります。

マイコプラズマ肺炎の予防法は

  • 規則正しい生活で免疫力をあげる
  • うがい手洗いをしっかり行う
  • 人混みなどではマスクを着用する

などが基本です。マイコプラズマ肺炎の予防方法も基本的には風邪と一緒です。うがい手洗いは必須であると理解しておきましょう。

一度感染すると多少免疫ができるという話をしましたが、これは一生再感染しないということではなく、何度もマイコプラズマ肺炎を発症する子供もいますので注意が必要です。

city-1178569_640

マヌカハニーがマイコプラズマ肺炎への感染予防に役立つ!

マイコプラズマ肺炎を予防するのは、うがい手洗い+免疫力の上昇です。特に規則正しい生活を行なって、睡眠をしっかり取ること、食事から栄養をしっかり摂取して免疫力を高めることが大切です。

免疫力を高めることができ、細菌感染に抗生物質よりも有効的で、喉の症状や気管支炎などにも効果があるマヌカハニーは、マイコプラズマ肺炎の予防や症状の改善に活用することができると思います。

マイコプラズマ肺炎の原因菌の耐性化が進めば進むほど、抗生物質は使えなくなりどんどん強いものを使わなければならなくなり、副作用の問題や悪循環にはまっていってしまいます。

そこでマイコプラズマ肺炎を予防するのに医療効果のあるマヌカハニーを使うのが良いのではないかと個人的には考えています。実際に免疫力を向上させ、NK細胞にも効果があるマヌカハニー。

更にマイコプラズマ肺炎だけではなく、風邪・インフルエンザ・ノロウイルスなど冬にありがちな疾患の予防や症状の改善にも非常に効果的で、気管支炎の治療効果も期待できますので、マイコプラズマ肺炎にも間違いなく効果があると思います。

2016年はマイコプラズマ肺炎が大流行する予報がでていますので、マヌカハニーを使って子供へのマイコプラズマ肺炎の感染予防、大人へのさらなる感染拡大を予防するようにしましょう。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。