高品質のマヌカハニーを簡単に選ぶ方法があります。よく分からないからとりあえず値段の安い商品を選ぶ前に、まずはマヌカハニーの基準や選び方を知ることで、あなたに合ったマヌカハニーを購入出来るようにしましょう。

マヌカハニーの正しい選び方とは?高品質を見分ける基準!

マヌカハニーの基準の話は何度かしているので、なんとなくその事をお分かりの人も多いと思いますが、やはりマヌカハニー選び方は、その基準をしっかり理解することが大切なので改めて紹介します。

このマヌカハニーの基準を知らないと高品質のマヌカハニーを選ぶことが出来ないだけではなく、偽物のマヌカハニーを買ってしまう事もあるので本当に注意が必要です。この記事をしっかり読んであなたのマヌカハニー選びの参考にしてください。

まずマヌカハニーには何種類かのブランドマークがあります。これはマヌカハニーを重要な輸出商品と考えるニュージーランド政府と民間企業との協力で創りだした基準で、主にUMFやMGOなどが統一基準として考えられていますので、それを選ぶようにします。

UMFやMGOという表記のあるものであれば、その時点である程度品質管理が行き届いているということが分かります。それでも世界にはマヌカハニーの偽物が横行していますので、あなたがどの会社からそういった基準(ブランドマーク)の付いた商品を買うのか?という事もマヌカハニーの選び方としては非常に大切です。

以前もお伝えしましたが、世界中で取引されるマヌカハニーの量は年間生産量の6倍以上なので、それだけ偽物が多い商品であるということを最初に知っておくべきです。だからこそ、消費者であるあなたがマヌカハニーの本当の選び方を知ることが大事なんです。

効果の違いによるマヌカハニーの選び方!

UMFやMGOも基準の一つでしか無いので、その濃度を示す数字がどのレベルのものを選ぶのか?やはりこれが非常に重要な2つ目のポイントです。マヌカハニーの濃度によって期待できる効果や効能が大きく変わりますので、あなたがマヌカハニーに求める効果による選び方をするようにしましょう。

UMFであれば、UMF10+以上が医療効果を実感できるマヌカハニーということで、普段から健康的に過ごしたい人向けの商品ですが、体調の悪い時などはUMF15+やUMF20+等の商品を選ぶようにします。またピロリ菌等の病原菌を除菌したい場合には、最初からUMF20+やUMF25+やそれ以上のマヌカハニーを選ぶようにします。

MGOであれば、MGO100+以上の商品を選ぶのが基本です。こちらも同様に高い医療効果を望む場合には、MGO250+やMGO400+やMGO550+という商品を選ぶようにすること、中にはストロングマヌカハニーの様にMGO1100+という世界最高濃度のマヌカハニーもありますので、本当の効果を実感したい人にはおすすめです。

マヌカハニーの選び方の参考になる比較表

マヌカハニーの安全な基準は、UMFとMGOという話をしましたが、この2つの基準は相関関係にありますので、どちらかの基準の数値がわかることでもう片方の基準に置き換えた時の数値もわかります。

◆UMFとMGOの比較表

UMF10+ = MGO100+
UMF15+ = MGO250+
UMF20+ = MGO400+
UMF25+ = MGO550+

UMF27+ = MGO720+
UMF31+ = MGO860+
UMF33+ = MGO900+
UMF39+ = MGO1100+

一般的なマヌカハニー販売業者から購入できるのは、UMF25+(MGO550+)のマヌカハニーまでです。それ以上の高活性のマヌカハニーについては、非常に限られた数量しか生産することが出来ません。

その理由は簡単で、大量生産を行うために高濃度のマヌカハニーと低濃度(UMF5+以下のもの)や他のハチミツをブレンドして、マヌカハニーとして販売しているからです。ニュージーランドの法律では60%以上の純度があればマヌカハニーとして販売できると定義されています。

しかしストロングマヌカハニーを作成している株式会社TCNさんでは、あえて大量生産に拘らず、質の高い(高濃度・高活性)マヌカハニーの作成に注力しているので、生産量は少ないものの他社では取り扱いのないレベルの業界最高濃度のマヌカハニーを販売することができるというわけです。

ピロリ菌の除菌治療に役立つマヌカハニーの選び方

ピロリ菌の除菌治療をマヌカハニーで行いたいと考える人が多いのですが、なぜそうなのか?これは抗生物質を使ったピロリ菌の除菌治療には、さまざまな副作用があり、それによるリスクが問題になっているということがあります。

ピロリ菌の除菌治療を抗生物質で行うと

・下痢や腹痛、味覚障害等の一般的なリスクがある。
・逆流性食道炎や出血性大腸炎などの重篤な症状を引き起こすリスクがある。
・耐性ピロリ菌を誘発し、ピロリ菌を除菌できないリスクがある。

など、非常に多くの問題があることがわかっていますので、個人的にはピロリ菌の除菌治療を抗生物質で行うことが新たな問題を生み出すことに繋がるので、あまり好ましくないと考えています。

しかし病院でピロリ菌の除菌治療を行う場合には、確実に抗生物質と胃酸を抑制する薬を処方されますので、なんとも言い難いところではあります。しかしマヌカハニーを処方して除菌治療を行った病院もあります。

これは耐性ピロリ菌を保有している患者さんに、UMF25+のマヌカハニーを3ヶ月(1日4回)大さじ1杯ほどを口にしてもらうことで、なんと抗生物質でも除菌出来なかったピロリ菌を僅か2週間でマヌカハニーで除菌してしまったという実績があります。

つまり抗生物質では除菌治療できないピロリ菌もマヌカハニーで除菌治療を行う事ができるというわけです。その際のマヌカハニーの選び方は、実際に治療でも使われたUMF25+以上の濃度のものを選ぶのが良いでしょう。

UMF25+以上のマヌカハニーは、マヌカヘルス社のマヌカハニーか、株式会社TCNさんのストロングマヌカハニーであればいつでも購入することができますので、そのいずれかを選ぶのが良いでしょう。

癌の治療に役立つマヌカハニーの選び方

マヌカハニーが癌の治療に役立つことは既に世界各国の研究機関が行った実験の結果でも明らかになっています。UAEの大学が行った実験では、乳がん、大腸がん等の癌細胞の細胞分裂に対してマヌカハニーがその細胞分裂を抑制することがわかっています。これを癌患者の方の治療に活用しない理由はないのです。

マヌカハニーで癌を治せると断言することは出来ませんが、癌の治療をサポートするということはできると思います。でも実際にどんなマヌカハニーを選ぶのが良いのか?これは少し悩むところだと思います。

そこで実際に癌の治療に役立つであろうマヌカハニーの選び方について紹介したいと思います。マヌカハニーには、幾つかのグレード(濃度の濃さ)があることはお分かりですよね?その中でも一般的にUMF20+であれば、マヌカハニーとしての濃度の濃さは十分だと考えられますが、癌の治療に活用する場合は、UMF25+でも不足していると考えられます。

ニュージーランドでも稀に非常に高濃度なマヌカハニーが販売されることはあります。UMF30+やMGO800+というレベルのもので、一般的に市場に出るのは本当に僅かでより高濃度のマヌカハニーを求める人だけに紹介されるような商品ですので定期的に手に入れるのが大変なんです。

しかしストロングマヌカハニーの場合、一番濃度の低いものでもMGO720+でMGO1100+という商品まで実は普段から販売されていますので、このストレスマヌカハニーの中から求める効果に合わせて選ぶことが癌の治療に役立ちます。

マヌカハニーの選び方。楽天やAMAZONを使うべきか?

通販でマヌカハニーを購入しようと考えた場合に、すぐに思い浮かぶのが楽天やAMAZONなら最安値で購入できるのではないか?という部分です。もちろん同じ商品でも楽天やAMAZONで購入することで値段が安くなる可能性はあります。

しかし個人的には、楽天やAMAZONで販売されているマヌカハニーを購入するのは、間違った選び方だと考えています。楽天やAMAZONで販売されているマヌカハニーの中には、公式サイトではないものも多く、商品の品質管理が徹底されているかどうかわからないのです。

特にAMAZONの場合、FBAというAMAZONが配送してくれるサービスがあります。それ自体は商品が翌日や早い場合には当日に手元に届くので欲しいタイミングを逃さなかったり、ムダに待つ必要が無いというメリットがあります。

しかしAMAZONの倉庫で一括管理されている商品の品質管理がどうなっているのか?これはAMZONのスタッフにしかわからないことなんです。マヌカハニーの様に口に入れるもの、様々な効果を期待するものの品質管理が十分ではない可能性がある。そこにメリットはあるのでしょうか?

個人的にはデメリットしかないと思います。もちろん便利ですし、普段から使っているのでと考える人も多いかもしれませんが、マヌカハニーのような品質管理が効果効能に影響を及ぼす可能性のあるものを購入するのは控えたほうが良いと思います。

激安のマヌカハニーを選ぶのは、間違った選び方!

誰しもが安くて良い商品を購入したいと思う気持ちはわかりますが、マヌカハニーの場合には安い商品に効果の高いマヌカハニーはありません。ニュージーランドでわずかしか取れないマヌカハニーをわざわざ国内に輸入しているわけです。

そこには膨大なコストが掛かり、元々生産数が少なく希少性が高い。そして世界でも今は良いマヌカハニーの争奪戦が起こっています。そんな状況を知っていると激安なマヌカハニーが存在しないことは簡単に想像できるのです。しかし単なる蜂蜜と考えると値段の高いマヌカハニーですから、少しでも安いものを購入したいと思うのもわかります。

日本には、「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、マヌカハニーはまさにそれが当てはまります。激安のマヌカハニーは効果が期待できないばかりか、その商品が本物かどうかもわかりません。マヌカハニーは一度瓶詰めされてしまえば、見た目や香りだけで効果効能を判断する事ができないのです。だからこそ信頼できるメーカーの信頼できるマヌカハニーを選ぶこと。それがマヌカハニーの選び方の基本です。

そこを度外視して、激安だったからと値段の安いマヌカハニーを買ってしまうと本当に効果の無いものを手に入れてしまうということになりますので、個人的にはそれはオススメしません。あなたの大切なお金をつかうわけですから、効果の無いものにお金を払う事無く、しっかりと良い物を選ぶようにしましょう。

私は味も効果もコスパも一番良い、ストロングマヌカハニーが今は一番よい商品だと思っていますがあなたにはそれが一番ではないかもしれません。ただマヌカハニーの選び方はそこまで難しくないので、まずはあなたが気になった商品を口にしてみて、その後マヌカハニーの濃度を調整するのもマヌカハニーの選び方の一つだと思います。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。