胃腸疾患と言えば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎や慢性胃炎などの胃腸に関する病気のことですが、実はその症状の多くの原因がヘリコバクターピロリ菌だということがわかっています。このヘリコバクターピロリ菌は実はマヌカハニーが苦手なので、その原因菌が無くなることで、胃腸疾患が改善する環境に変化するのです。

マヌカハニーが胃腸疾患の原因菌のピロリ菌を除菌!

ヘリコバクターピロリ菌は、1983年にオーストラリアで初めて胃の中に存在することが確認されました。それまでは強酸の環境下で細菌は生きていけないというのが定説でしたが、ヘリコバクターピロリ菌は胃の中で自分の周りを中和することで天敵のいない環境を独り占めしていたのです。

その中和や存在のための活動が様々な胃腸疾患の原因です。だからその原因菌であるピロリ菌を排除できれば、様々な胃腸疾患が改善するのは当然の話ですよね?WHOでさえもピロリ菌の感染は、慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍を引き起こすだけではなく、胃がんの8割の原因はピロリ菌感染によるものだと発表しているのです。

ピロリ菌保有者の方には慢性胃炎を発症している人も多く、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の手術を行ったとしても再度ピロリ菌の活動を通じて、再発してしまう人がかなりいるのです。逆にピロリ菌の除菌治療に成功した人は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の手術後に再発しないこともわかっています。

これくらい人間の胃腸疾患に対してピロリ菌の影響が大きいのですが、日本人のピロリ菌に対する理解度や除菌治療に対する積極性は非常に低い状況が続いています。悲しいことに日本人の50才以上の8割がピロリ菌に感染し、その結果胃がんの発病や死亡率が非常に高い状況を招いていたのです。

ちなみにこのヘリコバクターピロリ菌の病院での除菌治療には、抗生物質を7日間12時間毎に摂取する必要があり、除菌期間は禁酒かつ禁煙という少しハードルが高いにも関わらず、その成功率は除菌治療を2度行ったとしても9割程度でしかなく、完全に除菌出来るものではないのです。

しかしマヌカハニーにはMGO(食物メチルグリオキサール)が含まれている為に、世界的にはピロリ菌対策にはマヌカハニーが非常に有効であると考えられています。実際に日本の病院で耐性ピロリ菌(抗生物質でピロリ菌の除菌治療に失敗した人)に対して、MGO550+のマヌカハニーで除菌治療を行った結果、3ヶ月で完全除菌に成功し、その後1年以上経過しても再感染していないことが証明されています。

この辺のお話は何度かしていると思うので、もう既に知識としてお持ちの方もいらっしゃると思います。しかし実際の除菌となると、抗生物質を選ぶ人が多いんです。日本人は医師の言うことをそのまま信じる方が多いので、致し方ない部分ではありますが、本当に様々な副作用が抗生物質にはありますので実際の治療に際しては冷静な判断が必要だと思います。

マヌカハニーは、MGOによる強い殺菌力以外にもシリング酸メチルによる活性酸素の除去作用があります、ピロリ菌が作りだした活性酸素の体外への排出を助け、体の老化を防ぐことも出来ますので、そういった面からも非常に有益です。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。