活性度試験の数値でマヌカハニーの正確な活性強度がわかるんです。最近マヌカハニーの効果効能が話題になっていることで、日本でも数多くのマヌカハニーを選ぶことができる様になっています。しかしそのマヌカハニーの中には、活性度試験を行っていない商品もあり、効果を実感できないマヌカハニーが販売されていることもあるので注意が必要なんです。

活性度試験の数値でわかる活性強度とは?

マヌカハニーには非常に高い殺菌作用がありますが、この殺菌作用の成分こそがメチルグリオキサールというもので、自然界に存在するものの中で、現時点ではマヌカハニーが最も高濃度で含有していることがわかっています。

そしてそのメチルグリオキサールを含有している量こそが、そのマヌカハニーの活性強度を示すものであり、正確な殺菌力を知る大切な指標のひとつなのです。メチルグリオキサールの含有量はMGOという基準で表現されますので、MGO550+やMGO400+などという数値や基準を見たことがあると思います。

活性度試験にはMGO以外にも最も最初から行われているUMFというフェノール水溶液とマヌカハニーの殺菌力を比較する指標もありますが、これは純粋なメチルグリオキサールの含有量がわかるわけではなく、あくまでも黄色ブドウ球菌の殺菌力に対する作用なので、多少の誤差が生じる可能性もあるんです。

その為、純粋なメチルグリオキサールの含有量の方がマヌカハニーの正確な活性強度を示すものだと考えられ始めています。

活性度試験でより正確な基準はMGOだということがわかる!

UMFに多少誤差が生じる可能性があるという話をしましたが、MGOの基準で過去のUMF基準のマヌカハニーに対するハロー試験(フェノール水溶液との対比試験)では、25%〜40%もの大きな誤差が生じていることがわかったんです。

それだけ食毒力が数値として強く出るということは、そこに含まれるメチルグリオキサールの含有量が少ないということです。つまり本来の効果効能を示す指標としては不十分なところがあると言い換えることができます。

だからこそ、純粋にマヌカハニーの殺菌成分であるメチルグリオキサールの含有量の数値で活性強度を表現することこそが、今後のマヌカハニーの強さを知る大切な指標になります。

個人的にはUMFが主流だと思っていましたので、ここまで誤差があることに驚きましたが、UMF表記とMGO表記が併記されているもの、MGO表記で純粋なメチルグリオキサールの含有量が表記されているものを選べば間違いないでしょう。

MGO含有量が最も高いのはストロングマヌカハニー!

世界最高濃度のマヌカハニーという名の通り、MGO含有量が最も高いマヌカハニーは、株式会社TCNが製造・販売を行っているMGO1100+というストロングマヌカハニーです。他にもMGO860+やMGO720+などの超高濃度のマヌカハニーがあり、一般的に市販されているものの中では、最も高濃度でメチルグリオキサールを含有しています。

しかもこういった高濃度のマヌカハニーは現在どんどん取れなくなってきていることもあり、今後は更に製造コストが上がること、販売量を確保することが難しいと考えられています。

ただ株式会社TCNのストロングマヌカハニーは日本国内向けだけに販売を行っていることもあり、そういった意味でがグローバル企業ではないので、多少他のメーカーよりも安定供給ができる可能性が高いと思われます。

何れにしてもこの濃度のマヌカハニーになると、病院で処方される抗生物質よりも更に高い殺菌力や抗炎症作用などを持っているにも関わらず、天然成分なので体への副作用が起こることも考えにくく、安心して摂取することができる商品です。

日本でもその愛好者が増えており、5〜6年も愛用を続けることでがん治療後の再発抑制やピロリ菌の除菌治療、入院患者の床ずれ防止や免疫力のUPなど様々な場所で活用されていますので、ぜひあなたの健康管理にも取り入れることをおすすめします。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。