ニュージーランドの病院でマヌカハニーが処方薬などとして使われているという話は何度かしているので、もうすでにおわかりかと思いますが、日本の医療現場(病院)でもマヌカハニーが活躍しているところがあるのです。実際にどんな使われ方なのかを紹介したいと思います。

日本の医療現場で活躍するマヌカハニー

現在マヌカハニーが日本の医療現場で使われているのは、仙台にある国立病院機関 仙台医療センターという病院です。この病院の医師が、世界的なマヌカハニーの効果を知っているからこそ、治療方針の一つにマヌカハニーが使われています。

この病院でのマヌカハニーの使い方は、手術後の患部に直接塗って、キズの回復を早める効果と手術部位の殺菌・抗菌作用を高め術後感染症の予防の為に使われているようです。この病院ではハニー処置と呼ばれ、医療効果のあるマヌカハニーであるメディカルハニーを贅沢に使っています。

手術後の部位が化膿した場合、そこから雑菌の繁殖による感染症が起こったり、傷痕が残ってしまったり、傷口が閉じるのが遅くなったりとあまり良いことはありませんが、マヌカハニーの持つ強い殺菌・抗菌作用や抗炎症作用がウイルスや雑菌の繁殖を妨げ、術後部位の化膿を抑えるだけではなく、傷の治りを早くしてくれる効果があります。

この辺りは先日も絆創膏の記事でお話したのでおわかりかと思いますが、マヌカハニーの持つ殺菌作用は、何かしらの化学反応が必要なわけでもなく、そこに存在する細菌やウイルスをどんどん殺菌してくれるので非常に高い効果が期待できます。

また手術部位だけではなく、床ずれにも使っているそうです。これもマヌカハニーの特性を非常によく活かした治療方針だと思います。こういった病院が増えてくることで、患者さんの術後感染症の発症率や治療方法が変わってくるかもしれませんし、より早く確実に治療ができる様になるかもしれません。

私としては、今行われている抗生物質の大量投与による治療を続けることは、耐性菌を生み出す原因にもなりますので、より安全な治療ができるのであればそれに越したことはないのではないと考えています。病院でも傷の治りを高めるために使用していますので、お子さんの擦り傷にマヌカハニーを塗って早くきれいに直してあげるのも良いかもしれません。

マヌカハニーは湿潤療法のような使い方も可能なのです。湿潤療法としてマヌカハニーを活用することは、傷の治りを早くすること、跡が残りにくくなること、ガーゼの交換時に痛みを感じにくいことなど様々なメリットがあります。

マヌカハニーを使った耐性ピロリ菌の除菌治療

これは別途ピロリ菌の記事でも紹介している事になりますが、兵庫県神戸市にある中野クリニックという胃腸器科の病院で、抗生物質で除菌治療に失敗した患者さんを対象にしたマヌカハニーによるピロリ菌の除菌治療を行った症例があります。

MGO550+という非常に高濃度のマヌカハニーを使用し、1日4回(毎食30分前、睡眠30分前)を8週間ほど摂取してもらった症例では、耐性ピロリ菌の治療に参加した全員が3ヶ月後の除菌完了と、1年後のピロリ菌への再感染がなかったという事例が報告されています。

一般的にピロリ菌の除菌治療は、7日間(12時間毎に)抗生物質を飲み続け、その間は禁酒・禁煙、抗生物質による若干の副作用があること、100%の除菌治療ができず失敗した場合には耐性ピロリ菌を生み出してしまうことがわかっています。

今回のピロリ菌に対しては、既に耐性ピロリ菌になってしまった被験者を対象に行なっていますので、抗生物質では十分に効果がなかったピロリ菌に対するマヌカハニーの強い殺菌作用を証明する結果となっています。しかもマヌカハニーの場合には、生活への制限がなく普段の食事に追加するだけなのでピロリ菌除菌治療者への負担も非常に低いことも着目すべき点です。

このように先進的な病院ではマヌカハニーが持つ非常に高い効果に目をつけ、実際の患者さんへの治療に活用し始めています。病院に行くほどではない症状であれば、マヌカハニーを上手く活用することであなたも同様の効果を実感することが出来ますので、ぜひ取り入れてみてください。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。