殺菌力や抗菌力に優れているマヌカハニーですが、その高い効果の代償として、副作用やデメリットがないのか?気をつけるべき注意事項などについて少し考えてみたいと思います。マヌカハニーの効果に不安のある人も多いかと思いますので、この記事はぜひ読んでおいてください。

マヌカハニーの副作用やデメリットとは?

まずマヌカハニーの摂取量に関してですが、基本的には1日小さじ4杯程度であれば全く問題がないことがニュージーランドの研究でわかっています。これは実際に健康な成人男性を使って行った治験データですので、通常の健康状態であれば全く問題がないと言えます。

ただ過去のハチ系のアレルギーを発症したことがある人の場合、マヌカハニーの摂取量に関わらず、かゆみや湿疹などの何かしらの症状が出ることが予想されますので、過去にアレルギー症状がなかったかどうかをまずは確認してください。

ニュージーランドではマヌカハニーは薬として医療機関で処方されているものですので、マヌカハニーに副作用があるどころか、様々な医療効果があることがお分かりになると思いますし、何かしら副作用があるのであれば、現在もニュージーランドの医療機関で処方され続けているなんてことはありません。

これはマヌカハニーだけの話ではありませんが、はちみつ全般にはボツリヌス菌が含まれている可能性がありますので、1歳未満の幼児には与えないこと!これは必ず守ってください。もし1歳未満の子供がはちみつを摂取するとボツリヌス症を発症し、重篤な状態になってしまうこともありますので、本当に注意してください。

1歳未満の子供がダメなら妊婦さんもダメかと言われればそれは違います。ボツリヌス菌を消化するだけの腸内環境が整っている大人の場合には、マヌカハニーなどのはちみつを摂取しても全く問題がありませんし、母体や母乳を通じて乳幼児にボツリヌス菌が感染することはありませんので安心してください。

逆に妊婦さんの場合には薬を使うことが出来ませんので、マヌカハニーの持つ強い殺菌作用で、風邪やインフルエンザなどの病気を予防したり、喉の痛みや炎症の改善には非常に効果的なのです。何よりも栄養豊富なマヌカハニーは、妊娠時や出産時の栄養補給にピッタリですので、体調管理という意味で普段から摂取するようにしましょう。

マヌカハニーのデメリットや副作用を考えてみようとしましたが、実は殆ど見当たらないというのが、実情なのです。その理由はマヌカハニーが天然成分であり、人工的に作られている薬などどは全く成分構成が異なるから!ということだと思います。

私の周りにもマヌカハニーを食べて健康被害が出た人はいませんが、ハチ系のアレルギーがあるかだけは確認してください。本当に皆さんマヌカハニーを口にして健康になっていますし、一度食べ始めるとその効果の高さから手放せなくなるというのがマヌカハニーなんです。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。