乳酸菌とマヌカハニーでは、どちらを摂取する方がより高い腸内環境改善効果が期待できるのでしょうか?

腸活や菌活など、腸内細菌を善玉菌優位の状態にすることで、体内から健康になる方法だと最近話題になっていますよね。

そこで乳酸菌とマヌカハニーの腸内環境に対する効果や効能の違いを紹介しますので、本気で改善したい人はぜひ読んで下さい。

乳酸菌には様々な種類があり効果や効能が異なる。

乳酸菌とはあくまでも乳酸を大量に作り出すことができる細菌の総称で、乳酸菌という個別の存在があるわけではありません。

実は現在発見されているだけでも、30種類以上の乳酸菌があり形状で呼び名が変わっています。

形状による乳酸菌の呼び名の違いは、乳酸桿菌(棒状の形状)、乳酸球菌(丸い球状)、ビフィズス菌(V字型やY字型に枝分かれする)

乳酸桿菌とは、小腸に住む乳酸菌で免疫力の向上や有害物質の減少に役立ちますが、中には胃に住み着いてピロリ菌の除菌に役立つ細菌もいます。

乳酸球菌とは、コレステロールを低下させたり、免疫力の向上効果があるタイプで大きさが小さいので一度に大量に摂取する事が可能なタイプ。

ビフィズス菌とは、大腸に住む乳酸菌で大腸の動きを改善し、便秘解消や下痢予防などの効果が期待できるので有名ですよね。

この様に乳酸菌は、どの種類を摂取するのかによって得られる効果が異なります。

最近は様々なヨーグルトや乳製品に乳酸菌を追加した商品が増えていますので、効果効能から選んで購入するのもひとつの方法ですね。

マヌカハニーには善玉菌と悪玉菌を選別して殺菌できる特別な効果がある

マヌカハニーが持つ殺菌成分は、メチルグリオキサールと呼ばれる抗菌物質で、メチルグリオキサールには特別な能力があることがわかっています。

それが悪玉菌だけに殺菌作用を発揮して、死滅させることができるという点。つまり善玉菌や体内の有益菌に対しては、一切の攻撃をしない特徴があるということ。

腸内で悪玉菌が激減すると、腸内細菌のバランスを取るために善玉菌が増えます。

善玉菌の増加を間接的に支援するだけではなく、マヌカハニーにはオリゴ糖やグルコン酸が含まれていますので、それが善玉菌の餌になることでその活動を活性化するきっかけに。

だから腸内環境を、善玉菌優位の状態に効率的に変化させることができます。

さすが奇跡の蜂蜜と呼ばれるマヌカハニーなので、こういった悪玉菌だけを選別した殺菌作用は、抗生物質や薬などでもできないレベルの話。

腸内環境を大幅に改善するという意味では、マヌカハニーだけが持つこの選別できる殺菌作用が非常におすすめです。

腸内環境を改善することで得られる体内の変化を簡単に解説!

腸内環境を改善することで実際に体内にどのような変化が起こり、どんな効果を実感できるのかを簡単に紹介すると、

  • 便秘の予防と解消効果
  • ダイエット効果
  • 免疫力の強化
  • 花粉症予防
  • 美肌効果
  • 口臭予防効果
  • ストレス緩和効果

これらの効果が腸内環境を改善することで得られますので、菌活や腸活など様々な呼び方で呼ばれていますが、腸内環境を改善することで得られるメリットの多さもわかるでしょう。

言い換えると、腸内環境が悪化している人の体内ではこの逆のことが起こっているということ。

脂肪分や砂糖の含有量が多い食事、ジャンクフードや加工食品ばかり食べていたり、ストレスまみれの生活を続けていると腸内環境は簡単に悪化することに。

腸内環境が悪化することは、体の内側からどんどん健康に悪影響を及ぼす事になりますので、できるだけ避けるようにしましょう。

乳酸菌とマヌカハニーではどちらが腸内環境の改善により効果的か?

でも乳酸菌とマヌカハニーのどちらが、より効果的に腸内環境を改善できるのか?これは非常に簡単ですよね。

答えを先にお伝えすると、「マヌカハニー」です。

なぜマヌカハニーの方が乳酸菌よりも効果的なのかといえば、乳酸菌は熱や胃酸の攻撃を受けると、すぐに死滅してしまう非常に弱い細菌なので、生きたまま腸まで届きにくい特徴が。

だから乳酸菌を豊富に含んだヨーグルトを食べるのは、食前ではなく食後がおすすめ。

胃の中に食べ物が入った状態で、胃酸が中和されているタイミングを狙うと効率的に腸まで届けることができる可能性が高まります。

少しでも大量に腸に届けようと、たくさん食べると脂肪やカロリーを摂取しすぎる可能性もあるので要注意。

腸内環境を整え、腸内細菌のバランスを善玉菌優位にするという意味では、同じ乳酸菌とマヌカハニーですが、その効率や効果の高さはマヌカハニーの方が優れてます。

参考までにマヌカハニーも乳酸菌(LG21などの機能性ヨーグルト)を食べることで、ピロリ菌の除菌効果があると言われていますが、その効果には若干の違いが。

乳酸菌はピロリ菌の数を減少させたり、活動抑制効果を得ることはできますが、完全に死滅することはできません。

天然成分でピロリ菌を死滅することが確認できているのが、マヌカハニーの殺菌成分であるメチルグリオキサールだけですので、その点を踏まえてもマヌカハニーが良いですよね。

秋から冬にかけて免疫力を強化することは、風邪予防やインフルエンザの感染予防にも繋がりますし、そのまま春まで腸内細菌を維持すれば、花粉症の予防効果も期待できます。

いずれにしても免疫力の強化には、3週間ほどは食べ続ける必要がありますので、腸内環境の改善効果で、体の内側から健康を手に入れましょう。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。