逆流性食道炎の症状改善にマヌカハニーが本当に役立つ治療効果を発揮します。便秘が原因で若い世代に逆流性食道炎が増えていますので、マヌカハニーの持つ整腸作用で便秘を解消しつつ、炎症の治療も同時に行えるなどマヌカハニーを活用するとメリットだらけですよ。

逆流性食道炎の主な症状と原因とは?

逆流性食道炎とはどんな症状かと言えば、胃から逆流した胃酸が食道に到達して、炎症や腫瘍を発生させることでこる症状のことです。食後すぐに吐き気をも感じたり、横になった際に酸っぱい胃液が上がってくる症状があります。

逆流性食道炎の原因として考えられているのが、

  • 脂っこい食事内容や暴飲暴食、早食いにより胃酸過多の状態が引き起こされること。
  • 慢性的なストレスによる胃酸の逆流時に食道が強い反応を示すこと。
  • 常習性便秘症などの慢性的な便秘により胃が腸からの圧迫を受けていること。

このような食生活を送っていると逆流性食道炎になりやすいと考えられていますが、そもそもは、食道と胃のつなぎ目である下部食道括約筋の筋力の低下により胃酸が逆流することもあり、以前は年配者に多い病気の一つでしたが近年は徐々に低年齢化しています。

逆流性食道炎を放置することで起こるさらなる疾患とは?

girl-407119_640-1

逆流性食道炎は我慢できない症状ではないので、放置してしまう人がいますが、放置し続けることで身体には様々な変化が起こります。

  • パレット食道…食堂街粘膜に変化する症状です。
  • 狭窄(きょうさく)…食道内が狭くなり、食べ物を飲み込みにくくなります。
  • 出血…胃酸の逆流が酷く、そこに腫瘍ができ出血することがあります。
  • 発がん…最悪の状態がこの食道がんです。

単なる逆流性食道炎だからと我慢し続けたり、放置したりすることで最悪の場合には逆流性食道炎が原因で食道がんを発病することもあります。この場合は胃酸が逆流することで起こる食道がんなので、胃の炎症を抑える効果のあるマヌカハニーが役立ちます。

逆流性食道炎の症状改善に役立つマヌカハニーの治療効果とは?

マヌカハニーの胃に対する効果と言えば、ピロリ菌の除菌治療に炎症や荒れた胃壁の補修や抗炎症作用など胃酸の影響でダメージを受けた胃壁全体の修復に対して非常に高い効果があることがわかっています。

食道が自分が胃であると勘違いするようなパレット食道を招く前に、食道内の炎症や胃液による攻撃、腫瘍などを改善する効果が期待できるマヌカハニーを活用するのが効果的です。

マヌカハニーには、メチルグリオキサールという殺菌作用とシリング酸メチルという抗炎症作用がありますが、最高峰活性強度のストロングマヌカハニーのような商品を選ぶことでその効果が高まります。

book-1797761_640

活性強度の高いマヌカハニーはピロリ菌の除菌治療や荒れた胃粘膜の修復にも海外の病院では使われていますので、食道内の様々な症状にも同様に作用することが期待できます。

またピロリ菌を抗生物質で除菌治療する際には、稀に逆流性食道炎の症状やピロリ菌の耐性菌化が副作用として起こることがありますが、マヌカハニーなら副作用の心配もなくピロリ菌の除菌治療ができますので、逆流性食道炎の予防という意味でも効果が高いんです。

この様にマヌカハニーは逆流性食道炎や胃壁に対する様々な症状を改善することができることがわかっていますので、もしあなたが逆流性食道炎の症状に悩んでいるのであれば、UMF値やMGO値の高いマヌカハニーを用いて症状の改善を行うことをオススメします。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。