希少価値の高いマヌカハニーには、その効果や効能をしめす幾つかの基準があります。主に日本国内で見かけるマヌカハニーの基準は、UMFとMGO、NPA、MGSです。それぞれがどのような意味を示しているかは、後ほど説明をしますがそれぞれの数値が高いほど、マヌカハニーの殺菌作用が強いとおぼえておくと便利だと思われます。

ちなみに今回ご紹介する基準の書かれていないマヌカハニーについては専門の機関で検査がされていないものになりますので、その成分を製造元や販売元に一度お問い合わせになることをおすすめします。その理由は簡単です。ニュージーランドで年間1600トンほどしか生産されていないマヌカハニーですが、世界では10000トンほどのマヌカハニーが売られています。

実際にイギリスでは60%、マレーシアでも80%、シンガポールでも70%のマヌカハニーのラベルと中身が一致していなかったという調査報告があるくらいなので、どこのお店で買うか?どこのメーカーのマヌカハニーを買うか?ということが非常に大切になります。偽物のマヌカハニーを買わされる可能性があるということと、医療用マヌカハニーとしての効果がない殺菌作用の弱い単なるマヌカハニーを誤って購入してしまう可能性がありますので、十分に注意してください。

UMFとは?

UMFとは、Unique Manuka Factor(ユニークマヌカファクター)の略のことで、日本語にすると「マヌカ独自の要素」と翻訳することが出来ます。1998年にニュージーランド国立ワイカト大学のピーター・モラン博士によって名付けられたマヌカハニーの殺菌作用を表す最初の規格のことです。

UMFとは、マヌカハニーに含まれる殺菌作用を医療用消毒液であるフェノール溶液と比較して、それを数値化しているものです。例えば商品にUMF 10+と記載されているものであれば、そのマヌカハニーの殺菌効果は濃度10%のフェノール溶液に匹敵するという意味になります。またこのUMF10+というのが、医療用マヌカハニーとしての最も基本的な数値です。

一般的に病院で使われているフェノール溶液の濃度は5%以下ですので、UMF10+のマヌカハニーの殺菌力がいかに強いかがおわかりになると思います。ここで言う殺菌力の強さと濃度はイコールの関係ではありませんので、そこはご安心ください。

UMFマヌカハニーは、UMFはちみつ協会がその成分を認定し、UMFマーク付きのラベルを貼ることができます。ニュージーランドで収穫されたマヌカハニーは、ロット番号毎にUMFHA(UMFはちみつ協会)が認定する検査機関によりその成分が分析され報告・管理が行われています。つまりUMFマヌカハニーとは、殺菌作用を保証されるだけではなく、徹底した品質管理が行われているブランドとして安心して購入することができるのです。

MGOとは?

MGOとは、Methylglyoxal(食物メチルグリオキサール)のことで、ドイツのドレスデン大学の教授である、トーマス・ヘンリー博士が発見した抗菌性物質で、マヌカハニーに含まれていたUMFがこの食品メチルグリオキサールであることが確認されました。

トーマス・ヘンリー博士を始めとするドレスデン大学の研究者たちが、世界中の様々な国から40種類の蜂蜜のサンプルを集めその成分を分析しました。その中に6種類のニュージーランド産のマヌカハニーが含まれており、研究者たちはマヌカハニーのメチルグリオキサールレベルがマヌカハニー以外の蜂蜜よりも最高で約1.000倍高い事を発見しました。

通常の食品に含まれるメチルグリオキサールの量は0-50mg/kg、一般的なハチミツでは0-10mg/kgしか含まれていないのに対して、マヌカハニーでは38-761mg/kgものメチルグリオキサールを含むことがあるそうです。約800mg/kgもMGOを含む食べ物はマヌカハニーだけなのです。その際に100mg/kg以上のメチルグリオキサールを含むことが、殺菌作用が働くために最低でも必要な基準であることも立証され、ここから医療用マヌカハニーのUMF10+という基準が制定されたのです。

つまりMGOの値というのは、マヌカハニーに含まれる食物メチルグリオキサールの分量のことで、例えばMGO 300+と記載されていれば、そのマヌカハニー自体に1kgあたり300mgものMGOが含まれているということになるのです。

UMFとMGOでは、MGOの方がマヌカハニーに含まれる殺菌作用をより確実に表す基準として採用されていますが、このMGOという基準は、ニュージーランドのManuka Health社が商標登録しているために他社で採用できないのが非常に残念なところです。

NPAとは?

NPAとは、Non-Peroxide Activityの略のことで、食品メチルグリオキサールを意味する非過酸化水素のことです。NPAはUMFマークとほぼ同じ検査を行いますが、UMFHA(UMFはちみつ協会)が行っている検査でもなく、専用の検査機関でもないために若干の不安がありますが、UMFマークと同等に考えても良いと思います。

UMFHA(UMFはちみつ協会)への加盟の必要性や協会に払うロイヤリティーがないので、NPAマヌカハニーは、企業努力で値段を安くすることもできますが、その品質の保証・確実性の部分では、UMFマークに多少劣る可能性があることだけ覚えておいてください。

MGSとは?

MGSとは、ピーター・モラン博士が2009年に策定した新たなマヌカハニーの規格のことで、Molan Gold Standerdの略です。それまでUMFに所属していた博士がUMF団体を脱退し、ワイカト大学・調査商業部門「ワイカトリンク」において新たに発表したものです。

博士とそのチームが行うMGSの検査では、ヌカハニーの隠れた分子の解明が更に進み、その相乗物質から得られる抗菌活性力を測定するアルゴリズムの開発が行われました。その分析結果から、マヌカ固有の作用である非過酸化物作用をより正確な指標として測ることに成功し、MGSと名付けたのです。

このMGS規格は大学内の研究に収まらず、ニュージーランドのワトソン&サン社という天然マヌカハニーを販売する大手が同調し、UMFからMGSへとマヌカハニーの規格が移行し始めています。

このようにマヌカハニーの基準は4つほど日本に入ってきていますが、最初にもお伝えしたとおり、数字の大きい物を選ぶことでより殺菌作用の高いマヌカハニーを購入することができますが、数字が高くなればなるほどその希少性も上がり、値段も高くなってしまいますので、必要に応じたレベルのマヌカハニーを購入されることをお勧めします。