インフルエンザウイルスに対するマヌカハニーの殺菌力は非常に高く、その効果の高さは長崎大学が論文として発表する程です。特に子供のインフルエンザの重症化予防に効果的なので、今年も流行前にマヌカハニーを積極的に摂取して健康作用を実感しませんか。過去に起こった様々なインフルエンザの事例も合わせて紹介します。

子供のインフルエンザは重症化しやすく予防が最も効果的な対処法!

2016年2月に東海地方で起こったインフルエンザ感染による女児の脳死事例があったのを覚えていますか?本当に衝撃的な話でした。つい先日まで元気に走り回っていた子供が、インフルエンザに感染して脳死判定、インフルエンザを発症して1週間とか2週間での出来事だと思います。

ご両親のお気持ちを考えると触れるべきお話ではないと思いますが、マヌカハニーでインフルエンザ感染を予防できた可能性があることやインフルエンザの重症化を予防できた可能性があるということを踏まえると、皆さんにもマヌカハニーの持つ効果を知って欲しくてあえて記事に描かせて頂きました。

インフルエンザが重症化する理由は非常にシンプルです。子供や老人の場合には、抵抗力や免疫力が低いので、インフルエンザウイルスが体内で活発に活動して頭痛や高熱などの症状を発症したり、それによる異常行動を招く原因になります。

マヌカハニーの持つインフルエンザへの効果が論文に!

cute-1711131_640

実はマヌカハニーの殺菌力の源であるメチルグリオキサールという成分は、世界の研究機関が抗生物質に変わる可能性がある非常に効果の高い天然の殺菌成分として注目して様々な研究や論文発表が行われています。

マヌカハニーの持つインフルエンザウイルスに対する作用を発表した2つの研究機関の成果を簡単に紹介します。

  • シンガポールの大学がマヌカハニーが持つメチルグリオキサールがインフルエンザウイルスを殺菌できる効果を医学的に検証し、発表しています。
  • 長崎大学がタミフルやリレンザなどの薬とマヌカハニーを併用することで、薬の使用量を1000分の1にしても、インフルエンザに対して十分な治療効果を得られることを発表しています。

つまりマヌカハニーをインフルエンザの予防や治療に活用することができるとこれらの論文で実証されているというわけです。だから私は子供や年配の抵抗力が弱まっている人にマヌカハニーの殺菌力を活用することをおすすめします。

さらにマヌカハニーが持つ効果のひとつに腸内環境を改善して免疫力を向上させる効果があります。免疫力が上昇すればインフルエンザ感染を予防できますし、もし感染してもマヌカハニーの持つ抗菌成分と抗炎症作用でインフルエンザの症状を軽減できる可能性が非常に高いのです。

流行前にマヌカハニーを摂取することがインフルエンザの予防に効果的!

new-year-1709715_640-1

毎年必ずインフルエンザは流行しますので、国立感染症研究所から流行予測が発表されますよね?2016年〜2017年にかけては非常にインフルエンザウイルスが猛威を振るうことが発表されており、2015年〜2016年にかけてよりも早い段階で流行すると予測されています。

実際に11月に入り最初の1週間でインフルエンザ感染患者は昨年の5倍強という状況ですので、少しでも早いインフルエンザの予防対策が必須です。

インフルエンザ予防と言えば、毎年行う予防接種がありますがあくまでも予測に基づく方法なので、実はあまり効果がないとも言われていますし、最近の傾向でお子さんに風邪薬すら飲ませたくないという人が増えてます。

やはり薬を摂取することによる副作用が気になるからでしょう。風邪予防にもインフルエンザ予防にも役立つマヌカハニーを活用するのはまさに秋から春にかけてのシーズンです。

マヌカハニーを活用することは、インフルエンザに感染した際に問題になっているタミフルやリレンザによる子供の異常行動を抑制することにも繋がります。

長崎大学の論文でもありましたが、マヌカハニーならインフルエンザ治療薬の治療効果を妨げずにインフルエンザの症状を抑制できるので、異常行動の原因にはならなというメリットもあります。

マヌカハニーの安全性は?小さな子供でも大丈夫なの?

kid-1241807_640

マヌカハニーを小さな子供に食べさせても大丈夫なのか?と思う方もいらっしゃるでしょう。当然ですが、マヌカハニーには副作用がないことが科学的に証明されていますので、1才以上のお子さんであれば安心して食べさせることができます。

普通の蜂蜜もそうですが、1歳未満だとボツリヌス菌によるボツリヌス症を発症する可能性がありますので、食べれはいけないと言われています。

マヌカハニーを使用したインフルエンザの予防方法は非常に簡単です。小さじ1杯のマヌカハニーを朝晩食べさせるだけでよいです。これだけのことでインフルエンザウイルスから子供を守れるのはスゴイと思いませんか?

その為にもインフルエンザが流行する前から日常的にマヌカハニーを摂取することをおすすめします。実際に私の知人のお子さんでもマヌカハニーを普段から口にしている子供たちは、学級閉鎖になるほどインフルエンザが流行しても、兄妹そろってインフルエンザに感染せずに元気に過ごしているほどです。

蜂蜜であるマヌカハニーがインフルエンザの治療薬というと少し大げさな話ですが、冬の風邪やインフルエンザが流行する時期には、少し医療効果の高めのマヌカハニー(UMF20+やUMF25+以上)の商品を選んで購入するようにしましょう。

医療効果の高いマヌカハニーはあなたにとって高い買い物でしょうか?お子さんが風邪やインフルエンザに苦しむことを考えたら個人的にはそうではないと思いますし、実際病院での治療費や取られる時間を考えても十分に納得できるものだと考えています。

ちなみにインフルエンザの予防接種は全く効果がないので、お子さんに健康問題が起こることを考えればマヌカハニーを食べるほうがより安全で健康的な方法だと私は個人的に考えています。

しかも確実に効果があることが大学の研究でわかっているので間違いなくマヌカハニーを選ぶというのが一般的な選択ですよね?もちろん、マヌカハニーにそんな効果や効能がないと考える人はそれで良いと思います。

マヌカハニーを買って食べさせるだけで、お子さんや高齢者冬の健康を守ることができる。健康に過ごすことは本人にとっても家族にとっても非常にメリットがある話だと思いませんか?

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。