乾癬という病気をご存知でしょうか?皮膚病の一つで、その殆どが尋常性乾癬だと考えられています。この尋常性乾癬の治療法はいくつかありますが、実はマヌカハニーを効果的に使うことで、治癒力を高めることが出来るんです。

尋常性乾癬とマヌカハニー

乾癬とは、皮膚が赤くなって腫れ上がり、その表面に白い雲母のような垢が付着し、その一部がボロボロと剥がれ落ちる病気の一つなんです。欧米ではメジャーな病気ですが、日本の患者数は約10万人、(1000人に1人の割合)でここ数年で乾癬を発症する患者数が急増しています。

乾癬の中でも、「尋常性乾癬」の発症率が最も高く、頭皮や全身の皮膚に百円玉大の皮疹が多く点在してしまうのです。症状が悪化すると皮疹同士がつながってどんどん大きくなり、大きな皮疹に成長してしまいます。

しかしまだその原因などがわかっておらず、これから解明されるところですが、その治験の段階からマヌカハニーを使用していますので、その治療方法の正式発表が待たれるところです。

一般的にステロイドを処方され、それを外用薬として塗ることでかゆみの改善や症状の進行を妨げる治療法を選択することになりますが、ステロイドの長期使用は皮膚萎縮や毛細血管の拡張などの副作用が考えられますので、充分な注意が必要なのです。

他にもビタミンDの外用薬などもありますが、その効果は非常に限定的で、あまり効果が高いものとしては考えられていません。

んじゃどうすればいいのか?
マヌカハニーを皮膚疾患で使う場合には、専用の薬なんかを買う必要も無く普段家で飲んでいるマヌカハニーを塗り込めば良いだけです。

それだけでマヌカハニーの持つ、抗菌・抗炎症作用などが皮膚病の症状の改善に対しても非常に高い価値を見出しても良いものだと思います。そしてマヌカハニーが一番のオススメなのは、薬と違って副作用の心配がないというところです。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。