マヌカハニーの賞味期限ってご存知ですか?普通のはちみつとの違いを含め、マヌカハニーの賞味期限や活性力を維持する食べ方を紹介したいと思います。ちょっとしたことでマヌカハニーの品質が悪化しますので注意が必要です。

マヌカハニーの賞味期限とは?

マヌカハニーの賞味期限はどのくらいだと思いますか?普通のはちみつは、1〜2年という製品が多いと思いますが、マヌカハニーは普通のはちみつよりも高い殺菌作用がある=雑菌の繁殖を抑えることができるので、賞味期限も長く設定されています。

現在、一般的に売られているマヌカハニーの消費期限は約5年間です。この5年という期間がマヌカハニーの一般的な消費期限です。もしそれよりも賞味期限が短いマヌカハニーがあれば、MGOやUMFの値が低いことも考えられます。

その場合には、商品のラベルや製造メーカーなどをしっかり確認して購入されることをオススメします。ただ実際のところで言えば、マヌカハニーの消費期限は特にないものと考えられていますので、5年を過ぎだものでも見た目や味に大きな変化がなければ、特に気にせずに食べても大丈夫だと思います。

それくらいマヌカハニーやはちみつの持つ殺菌作用は高く、暗所保管であれば特に賞味期限がないと考えられているのです。

マヌカハニーの活性力を維持する食べ方

マヌカハニーの活性力は、商品ごとに様々なレベルがありますが、食べる時に一つだけ注意をする必要があります。それは金属のスプーンを使用しないことです。金属製のスプーンではマヌカハニーの活性力を下げる可能性がありますので、通常は木製のスプーンや木製のハニースティックを使用するのが良いとされています。

ハニースティックが昔から木製だったことを考えると、その意味がわかると思います。今よりもはちみつが手に入りにくい時代から、品質が悪化しないように木製のハニースティックを使用していたので、先人の知恵には従うべきなのです。

また寒さのあまり結晶化した際には湯煎をすることで元の状態に戻りますが、45℃を超えるとビタミンやミネラル、酵素などの有用成分が効果を失っていきますが、マヌカハニー独特の成分であるメチルグリオキサールは、200℃でも変性しないことが確認されていますので、料理に使う際にはどういった目的でマヌカハニーを摂取したいかによって調理方法を変えるようにしてください。

ちょっとしたことですが、これらのことを注意するだけでもマヌカハニーの効果を確実に体感することが出来ますので、ぜひご自宅で料理等に使われる際には、十分に注意してください。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。