ニュージーランドのハチミツと言えば、マヌカハニーというくらいにマヌカハニーは有名ですが、他にも様々な花の蜜があるのです。ニュージーランドの養蜂とはどのような感じで行われているのか?簡単にご紹介しますね。

ニュージーランドはハチミツ大国

ニュージーランドのハチミツの国民1人あたりの年間消費量はなんと世界トップクラスなんです。その分ハチミツに対する思い入れや愛情は深く、ニュージーランドのウエリントンにある国会議事堂は、「ビーハイブ」(蜂の巣)の愛称で呼ばれるように蜂の巣のような形をしているのです。

ニュージーランドのハチミツに関する規制

・輸入禁止

ニュージーランドには、一切のハチミツを輸入することが出来ません。それはニュージーランド産のハチミツにも適応されますので、一度でもニュージーランドから輸出されたハチミツを持ち込むことが出来ないことを法律で決めているのです。つまりニュージーランド国内で流通するハチミツの100%がニュージーランド産なのです。

・抗生物質の使用禁止

世界的にはミツバチの病気蔓延を予防するために養蜂で抗生物質を使うことがありますが、ニュージーランドでは、ハチミツに抗生物質が残留する可能性があるとのことで、商用養蜂において、抗生物質をミツバチに使うことを法律で禁止しています。

・完璧な管理体制

ニュージーランドでは、ハチミツの管理が徹底しているので、どのハチミツがどの養蜂場で取れたのか?またどのような加工をされて、どのような方法で輸送されたのか?全工程を公的機関に登録する必要があるために、後日後追いをすることも出来るのです。

これだけ厳格なルールをニュージーランドではハチミツに課している為に、マヌカハニーの持つ効果を最大限にすることが出来るのです。世界的に見ても養蜂出来るほどのマヌカの木が自生しているのは、ニュージーランドだけなのです。そういった国の資産をどう守るのか?そこに徹底的に注力しているので、これだけ厳しい管理体制が取られているのです。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。