MGO550のマヌカハニーを日本で入手したい場合には、マヌカヘルス社の250gタイプのものがオススメ。

ここまで高濃度のマヌカハニーを安定供給できるのは、ニュージーランド最大手のマヌカヘルス社だから。

実際に私も愛用している効果効能の高い、MGO550のマヌカハニーの特徴や抗菌殺菌効果など詳細な情報をまとめて紹介します。

MGO550のマヌカハニーは、マヌカヘルス社の商品がおすすめ

ニュージーランドで市販されているマヌカハニーの中でも、最も高濃度の商品のひとつがMGO550(UMF25+)というレベルのもの。

一般的な医療効果のあるマヌカハニーは、MGO100(UMF10+)以上という定義で、MGO400(UMF20+)以上のマヌカハニーは、全生産量の1%以下だと知ればどれだけ入手が難しい商品かわかると思います。

ニュージーランドでも安定的にこのレベルのマヌカハニーを採取&発売できるメーカーは少なく、その中でもマヌカヘルス社は、比較的安価で安定的に販売しているメーカー。

実際に世界45カ国にマヌカハニーを輸出し、日本では株式会社コサナが代理店契約を行なって、成城石井や公式サイトなどで販売しています。

しかし店頭在庫は切れがちなので、ネット通販で購入するのが最も確実で、お得な購入方法。

実際にMGO550とは、どんな効果が期待できるマヌカハニー何でしょうか?

マヌカハニーのメチルグリオキサールとは、一体どんな成分なのか?

マヌカハニーのMGOというのは、メチルグリオキサールの含有量の話で、この数値が大きければ大きいほど、マヌカハニーとしての効果が高いといわれています。

マヌカハニーの効果は、メチルグリオキサール(抗菌成分)とシリング酸メチル(抗炎症作用)のお陰。

その中でも抗菌成分であるメチルグリオキサールの効果で、様々な細菌やウイルスを殺菌&除菌できるので、この含有量が多いものを選ぶのが基本。

先ほども紹介したように、MGO100以上であれば、ニュージーランドでも医療用として、病院で処方されています。

純粋なメチルグリオキサールの含有量が55倍なので、どれだけ大量のメチルグリオキサールが含まれているのかということがわかるでしょう。

ちなみにUMF5という基準の殺菌力は、医療用の消毒液のフェノール水溶液5%とほぼ同じ。

医療用のフェノール水溶液の殺菌力とマヌカハニーの殺菌力をわかりやすく比較したのが、UMFという基準。

そこから推測すると、25%濃度のフェノール水溶液と同じくらいの殺菌力がMGO550のマヌカハニーには、含まれているということができます。

MGO550という高濃度のマヌカハニーに危険性はないのか?

そんな高濃度の殺菌成分を使ったら、危険性があるのではないか?と思うかもしれません。

確かにフェノール水溶液で25%濃度のものを飲めば、健康被害が出ることは間違いないでしょう。もしかしたら、ショック死なんてこともあるかもしれません。

しかしマヌカハニーは天然成分で、メチルグリオキサールも自然界に存在するもの。

実際にこれまで多くの研究施設でも、マヌカハニーの安全性や抗菌力、メチルグリオキサールの安全性に関する検査が行われていますが、安全性に関する問題が指摘されたことはありません。

だからどれだけ高濃度のマヌカハニーをあなたが口にしても、健康被害が出るどころか、より体内の健康状態を高めてくれることにつながるだけで、副作用なども起こらないでしょう。

そんなマヌカハニーだから、近年では抗生物質に変わる治療方法としても注目されているんです。

MGO550のマヌカハニーの殺菌抗菌効果は、抗生物質以上に凄い

日本の病院では、風邪をひいただけでも抗生物質を処方するほど、薬が蔓延していますが、抗生物質の問題点は、耐性菌を生むという点。

確かに殺菌作用は優れていますが、その強い殺菌力に対しても、細菌やウイルスは突然変異のような形で耐性を持って、抗生物質が効かなくなる事例が起こっています。

この耐性菌問題は世界的にもリスクだと考えられており、スーパー耐性菌という抗生物質が一切効かないものまで出現するほど。

しかしマヌカハニーの殺菌成分であるメチルグリオキサールは、天然の成分で耐性菌に対しても効果があることがわかっています。

日本でも実際に治療に使われたのが、耐性ピロリ菌に対するMGO550のマヌカハニーでの除菌治療。

MGO550のマヌカハニーを1日4回食べるだけで、耐性ピロリ菌をも除菌でき、1年後にも再感染していなかった事が確認されています。

カナダでは難治性の副鼻腔炎に対して、マヌカハニーの方が抗生物質よりも効果的であるという治験結果もあるほど。

安全性も高く、耐性菌問題も起こさずに、耐性菌に対しても作用するのが、マヌカハニーのメチルグリオキサールです。

MGO550のマヌカハニーは効果効能とコスパのバランスが良い

耐性菌問題や抗生物質レベルの除菌力を求めるのなら、やはりMGO550レベルの高濃度のマヌカハニーがおすすめ。

高濃度のマヌカハニーは生産量も限られ、流通量も少ないので、高価格帯のものが多いですが、マヌカヘルス社のMGO550はコスパ最高。

私が知っているMGO550のマヌカハニーで、日本でも最も安い値段で購入できるのが、マヌカヘルス社の商品。

他のメーカーの商品だと、1.5〜2倍ほどの価格の商品もあるほどなので、どれだけコスパに優れているのかがわかると思います。

実際の味も悪くないですし、ネット通販で購入すれば基本的に在庫切れのリスクもないですし、自宅に届くので非常に簡単に入手可能。

もしあなたが本当に効果的なマヌカハニーを探しているのなら、マヌカヘルス社のMGO550を購入検討することをおすすめします。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。