大人でも感染することがある溶連菌感染症の予防と症状の改善には、マヌカハニーが効果的なんです。抗生剤を使った治療がメインの溶連菌感染症ですが、副作用も考えるとより安全性の高いマヌカハニーを使う方が安心できますし、普段からマヌカハニーを口にしていれば溶連菌感染も予防できます。

溶連菌感染症に感染する原因とは?

溶連菌感染症と言えば、子供の病気の様に思われる人が多いですが、実は大人も感染する感染症なのです。しかしその原因は主に子供の溶連菌感染、子供が溶連菌に感染した際のくしゃみや咳からうつることがわかってますので、お子さんが溶連菌に感染した場合は、大人でも注意が必要です。

では子供はどのように溶連菌に感染するのか?子供の場合も幼稚園や学校に溶連菌感染者がいることで、その子の咳やくしゃみ、タオルの使い回しなどによる感染が主な原因で12月から3月にかけて大流行することがあり症状も重症化しなければ風邪と見違えることもあるので、気付かずに感染源になっていることすらあるんです。

元々溶連菌は非常に感染力が強く、菌の種類が多いタイプなので免疫力が低下していたり、薬で一度除菌できたとしても扁桃腺に残っていた別の溶連菌が繁殖して再発を繰り返す事もあるので、一度感染した場合には注意が必要なんです。

溶連菌感染症に感染した場合の症状とは?

溶連菌感染症には様々な原因菌があることもあり、発症する症状も1つだけではありません。しかし幾つかの特徴的な症状がありますので、それを紹介します。ただ3歳未満の子供や大人の場合にはこれらの特徴的な症状が出にくいので重篤化しなければ溶連菌感染に気づかないかもしれません。

突然、高い熱が出る

溶連菌に感染すると通常は2〜5日間ほど体内で潜伏し、急に38度や39度の高熱が出ます。咳や鼻水などの風邪にありがちな症状はありませんがのどの痛みを伴いますので、風邪とは違うと判断できます。

咽頭発赤や咽頭痛が出る

溶連菌感染症で多いのが咽頭炎や扁桃腺炎の症状で、高熱とともに喉の痛みが数日続きます。喉の奥を覗くと真っ赤に腫れ上がってるので良くわかると思います。稀に膿が付着して白くなっていることもあります。特に溶連菌感染症の場合には、のどちんこの周辺に赤い小さな点があるのでそこで判断しましょう。

イチゴ舌になる

イチゴ舌とは舌に赤いぶつぶつができて見た目がいちごのようになる症状です。これは溶連菌感染症だけではなく、川崎病でも発症する症状ですので、イチゴ舌になったら医療機関で診察を受けるようにしましょう。

皮膚疾患の症状が出る

溶連菌感染症の場合皮膚疾患を伴うことがあり、その象徴的な症状が猩紅熱です。猩紅熱とは高い熱が出ることで全身に赤い皮疹がでる症状のことです。以前は命に関わる症状でしたが、今は抗生剤で治療すれば完治する症状です。

猩紅熱では、全身が日焼けしたように赤くなったり、赤い斑点が全身に出たりします。特にそういった症状が出やすのが、ワキや肘、股関節などの曲がる部分の関節周辺にでやすいので、そのあたりの変化を中心に確認しましょう。

溶連菌感染症の治療方法とは?

溶連菌感染症を発症すると主に抗生剤を使用した薬物療法が基本です。一般的にペニシリン系の抗生剤を使用することで熱は数日で低下し、喉の痛みも徐々に収まっていきます。ただここ数年耐性菌としての溶連菌も増えており、抗生剤が効かないこともあります。

そういった場合にも抗生剤の種類を変えて溶連菌の除菌を行うことで基本的には治療することができますが、溶連菌感染症の合併症には様々な症状があるので、最低でも10日間は抗生物質を飲み続ける必要があります。

抗生剤治療に合わせて注意したいのが食事です。溶連菌感染症の場合多くが咽頭炎や扁桃腺の腫れや炎症のしょう城が起こるので食べ物を食べるのが非常に辛くなります。ただ抵抗力が下がれば溶連菌感染症は重症化しやすいですし、完治するためにも免疫力を上げる必要があります。

のどが痛いから食べたくないという子供も多いですが、おかゆやゼリーなど喉の刺激にならないようなものを食べさせるようにしましょう。また発熱することでいつも以上に水分が蒸発しているので、水分補給も回数を多くするようにしましょう。

溶連菌感染症にはマヌカハニーがオススメです!

溶連菌感染症は免疫力が低下していなければ発症しませんし、感染してもすぐに除菌してしまえば症状が重篤化することもありません。特に冬の時期になると集団感染が起こることもあるので、マヌカハニーで免疫力を上げておくと良いでしょう。

医療用のマヌカハニーであれば喉の炎症や腫れを沈静化する殺菌作用もありますし、体内で繁殖している溶連菌自体を殺菌する作用も期待できます。溶連菌感染症は菌の種類も多く、感染経路も風邪とほぼ同じであることを考えるとマヌカハニーが効果的だと考えられます。

風邪にもインフルエンザの予防や症状の改善にも効果的なマヌカハニー。溶連菌感染症にも同様の効果が期待できますので、まずは免疫力が低下しないようにしっかり普段から高濃度のマヌカハニーを食べさせて、冬の子供の体調管理、大人への感染予防にもマヌカハニーの免疫力を高める作用を上手く活用しましょう。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。