ハチミツの容器のラベルには、必ずこような注意書きがされています。ハチミツは1歳未満の乳児には、食べさせないよう気をつけてください。なぜこれが書かれるようになったのかと言えば、1987年厚生省(当時の名称)が乳幼児には蜂蜜を食べさせるべきではないと発表したためです。最近では、育児書や母子手帳などにも書かれていることが多いようなので皆さんもご存知だと思います。

赤ちゃんがハチミツを食べてはいけない理由

蜂蜜には、実はボツリヌス菌が含まれている可能性があるからです。特に海外産のハチミツの場合、その傾向が強くあります。ボツリヌス菌とは、ブドウ球菌とともに毒素型の食中毒菌の代表格なのです。

一般的にはちみつは、加熱処理等をしていない自然そのままの食品なので、ボツリヌス菌がそのまま残っていることがあります。ボツリヌス菌は1歳以上になれば体内で繁殖することはないので安全なのですが、乳児は腸内細菌が少ないためボツリヌス菌が増殖してしまい、乳児ボツリヌス症を発症することがあるのです。

乳児ボツリヌス症は死の危険性もあります。

乳児特有のこの感染は、乳児ボツリヌス症と呼ばれており、実は死に至る危険性もある恐ろしい症状なのです。売られているハチミツには、国産の製品でも約5%がボツリヌス菌に汚染されており、ハチミツを20回買えば1本はボツリヌス菌が入っているものに当たる確率になります。

1歳を越える頃には腸内細菌が増え、様々な抵抗力が高まるため、例えボツリヌス菌の含まれたハチミツを食べても発症しないのです。本来はハチミツに含まれている程度のボツリヌス菌であれば問題ないのですが、赤ちゃんは免疫力や抵抗力が弱く、大人にとっては平気なものでも、病気になってしまうことがあるのです。

乳児ボツリヌス症の症状

便秘や元気がない状態が続いたり、哺乳力が弱い、泣き声が弱い、よだれが多い、首のすわりが悪くなった、など様々な症状がでますが、ボツリヌス菌の潜伏期間は、3日から30日程度と幅がありますので注意が必要なのです。

幼児ボツリヌス症の致命率は1~3%と非常に低いですが、完治するまでには数ヶ月を要します。ちなみに国内では、1986年に初めて報告されて以降、2012年までに31事例の乳児ボツリヌス症が報告されています。

メープルシロップは大丈夫です。

普通のお砂糖やメープルシロップは、ボツリヌス菌の心配はありませんので安心して赤ちゃんにも与える事ができます。ハチミツは栄養価も高く、自然の甘みが味わえる便利食材ですが、大切な我が子のためにも1歳までは料理に使うことを控えるのが賢明なところです。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。