リウマチにマヌカハニーや蜂毒が効果的という話を聞きますが、実際にはどうなんでしょうか?そもそもリウマチってどんな病気なのか?ということと、リウマチとマヌカハニーとの関係について考えてみたいと思います。

リウマチとはどんな病気や症状があるの?

リウマチとは自己免疫疾患の一つで、関節が移動的に痛むことで起こる関節リウマチを中心に、幾つもの病気のことを表す総称として現在では使われています。リウマチの中で最も多いのが、30〜50才の女性に出やすい関節リウマチで、現在70〜80万人もの患者さんがいると考えられています。

典型的な症状としては、手足の指の関節に対照的に起こる関節炎、膝などの大きな関節におこる症状などがあり、薬物療法とうでしっかり炎症を抑えないと軟骨の破壊と骨に起こるびらんが進行し、最終的には関節としての十分な機能を有しない状態になってしまいます。

リウマチの進行状況によっては、関節の可動域が大幅に減少したり、強直とよばれる関節がひとかたまりの骨となってしまい、全く動かなくなってしまう症状を発することもありますが、基本的には症状の良い時と悪い時を繰り返し、徐々に悪化していくというのが基本的なリウマチの症状です。

つまりリウマチを悪化させないためには、初期の炎症症状をどれだけ抑制できるのか?という部分にかかっているといっても過言ではないのです。

また現時点でもリウマチの原因は完全に解明されておらず、遺伝性は喫煙による症状の進行は確認されているものの、100以上もの疾患の発症原因になることだけが確認されています。つまりリウマチは万病の元であるということだけはわかっているということです。

リウマチ性疾患という意味では、関節リウマチ以外にも膠原病や近縁疾患、痛風などの関節が痛む病気全てを含んでいますし、甲状腺機能低下症、一部の糖尿病など様々な病気が含まれるので、高齢になると発症する病気の原因の一つにリウマチがあるというわけです。

リウマチに対するマヌカハニーと蜂毒の効果とは?

そんな万病の元であるリウマチも元をたどると、関節に起こる炎症と自己免疫システムの暴走という比較的軽度な症状に突き当たるわけです。つまりこれらの症状を抑制できれば、リウマチの発症リスクを軽減できるということです。

マヌカハニーの抗炎症作用には、メチルグリオキサールによる殺菌とシリング酸メチルによる抗酸化作用と抗炎症作用が期待できます。これらの効果の高さは既に何度も紹介していますが、黄色ブドウ球菌や大腸菌、癌細胞やピロリ菌などの人体にとって悪玉菌とされているものを除菌・死滅させることができることが様々な実験でわかっています。

また非常に高い整腸作用もあり、腸内環境を清浄化させ免疫系のバランスを整える効果が有ることもわかっています。特にマヌカハニーは腸内の悪玉菌を死滅させ、善玉菌の餌となることで善玉菌と悪玉菌の両方に効果的に作用することで、免疫系の要であるNKキラー細胞を強化させるんです。

メチルグリオキサールの殺菌力とNKキラー細胞の免疫力の効果で、体内に侵入した細菌やウイルスの類を除菌・殺菌することでどれだけ免疫力の強化に繋がるのかは、言うまでもないと思います。

また古来よりリウマチの治療には、蜂毒を用いてきた経緯もあります。蜂毒とは一見すると少し怖い表現ですが、蜂毒(ビーベノム)は毛細管壁の浸透性を向上させることで、細胞と結合組織の循環、酸素供給、解毒作用を高める効果があり、関節炎や神経障害、リウマチや関節の感染症などに効果があることがわかっています。

そのためヨーロッパなどでは、わざと治療部位をミツバチに刺させることでその毒で関節炎などの痛みを取るビーベノム・トリートメントという治療方法が行われていますし、日本でもアピセラピーと呼ばれ現在でも、細菌性または炎症性の疾患に悩む人が症状改善の為に使用している治療法の一つなのです。

このようにミツバチを活用したリウマチの治療法は日本でも古くから行われていますし、マヌカハニー自体もミツバチがマヌカの木から集めた花の蜜を使っていること、抗菌作用や抗炎症作用があることなどを考えると、リウマチの治療に用いることは普通なのだと思います。

もちろんリウマチの病気が数百種類にも及ぶことで、すべての患者さんの症状を改善できるとは言い切れませんが、体内の様々な部位の正常化に向けた非常に重要な布石になることは間違いないと思います。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。