腎臓病にもマヌカハニーの栄養素や殺菌力が効果的だと考えられています。そもそも腎臓病とはどのようなものがあるのか?マヌカハニーのどういった効果が腎臓病に効果的なのかなどマヌカハニーと腎臓病の関係について考えたいと思います。

腎臓の病気と、その治療方法とは?

腎臓病について知識が多い人は少ないのではないでしょうか?腎臓病と言ってもそこには様々な原因や症状の違いがあり、病状や治療法なども起こっている腎臓病の症状によっても異なります。

実際の腎臓病の治療には、安静、保温、薬物療法、食事療法が主体となり、その進行を抑えるのには食事療法が最も効果的だと考えられています。食事の管理がしっかりできていると慢性腎炎や慢性腎不全になっても通常の生活を送っている人もいますし、人工透析になっても食事療法を継続することが何よりも大事なのです。

腎臓病における食事療法と言えば、食塩摂取量を減らすことが第一だと考えられますが、そこに付け加えて、タンパク質の摂取制限を行いながら、十分なエネルギーを取るということです。

腎臓の機能には、体内の老廃物の排泄、体液の恒常性の維持、ホルモンの産生があり、日々大量の血液が縦12cm、横5cm、重さ150gほどの小さな器官にどんどん送り込まれ、酷使されているのです。

腎臓病は初期症状は無自覚で進行します。無自覚の腎炎が10年以上も続いている人もいるくらい全く症状が出ないのです。しかし慢性腎不全になると体内の老廃物を排泄できなくなり、どんどん血液内に有害物質が溜まっていくだけではなく、本来必要な成分を排泄してしまう事もあります。

他にも水分量や血圧のコントロールもできなくなり、酷いむくみが現れたり、高血圧になってしまったり、ホルモンの産生がうまくできなくなり、貧血の症状を引き起こすことすらあります。

腎臓病は治療を続けることで、こういった症状を改善することができますが、腎臓病の症状が進行すると腎臓の機能は一生回復することはなく、全身の器官に異常をきたして、様々な症状がでるだけではなく、人工透析が必要になってしまいますので、悪化させないことが何よりも重要です。

腎臓病や腎臓への負荷に対するマヌカハニーの効果とは?

腎臓病の治療に食事療法が重要だという話をしました。摂取カロリーを落とさずにビタミンAやビタミンB等の老背部痛の代謝に役立つ成分を取る事ができます。特にビタミンBはタンパク質の代謝に効果的なので、腎臓への負担を減らすという意味でも重要な成分になります。

他にもビタミンB群には、貧血に効果があるビタミンB6や高血圧を予防するコリン酸、タンパク質の代謝に効果のあるパントテン酸、パラアミノ安息香酸などの成分が豊富に含まれていますので、症状の悪化を防ぐという意味で重要な栄養源になります。

更に腎臓病患者の場合、風邪をひくと抵抗力が落ちている為に症状が悪化しやすくなりますので、マヌカハニーを普段から口にすることで風邪の予防や抵抗力の維持が出来ます。腎臓病患者の場合、風邪の際に解熱剤や抗生物質の投与を行うことで腎臓の状態が悪化することもあるので、風邪の予防というのは非常に重要な話なのです。

またマヌカハニーは体内に入ることで酸性からアルカリ性に変わる食品なので、アルカリ性に変わることで肝臓や腎臓の負担が減ること、腸の動きも活発になるなどそういった部分での効果も期待できます。

最近新たにわかってきたことですが、歯周病を放置することで、IgA腎症を発症するんです。腎臓にウイルス感染が起こっていなくとも歯周病菌がIgA腎症を誘発している可能性があるんです。粘膜系の炎症(歯・鼻・喉)からIgA抗体が産生されることがわかっています。

つまり歯周病感染から産生されたIgAが、腎臓に到達しIgA腎症を誘発する。その為に実は歯周病を治すことでIgA腎症を改善できると考え治療を行っている医師もいます。このブログをよく読まれている方は既にご存じだと思いますが、マヌカハニーは口腔内の疾患に非常に効果的に作用します。

それは歯周病も同じです。IgA腎症の原因が歯周病であるのであれば、腎臓への負担を減らす意味も兼ねてマヌカハニーを摂取するというのは非常に効果的な洗濯ではないでしょうか?あなたの腎臓の負担を減らし、栄養面でもサポートしてくれるマヌカハニーは将来的な腎臓病も予防してくれるかもしれません。

>>蜂蜜フリークの私を虜にするマヌカハニー<<
私が考えるマヌカハニーのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

効果の分かりにくいものだから、マヌカハニー選びの際にまずは私のレビューが参考になると思います。